Top > コーデックス > 第一次世界大戦のデコイ

【sWIKI】からのお知らせ【重要】
「https:」での通信が可能となりました。プレイステーション4の一部で表示されない場合が御座います。こちらを御覧下さい。
Z8a8nxQvvJuRlZI1478348177_1478348241.jpg

第一次世界大戦のデコイ

中間地帯に“生えている”鋼鉄の木は狙撃手の絶好の拠点となり、偽の牛の死体は、敵の動きを観察するための完ぺきな隠れ場所となった。人の頭を模したダミーは狙撃を集めるおとりとなり、地面に置かれたヘルメットの下には穴が掘られ、偵察拠点が作られていた。いずれも前線において身を隠す必要から生み出された工夫である。


偽のパリ


欺瞞戦術にまつわる最も驚嘆すべき逸話と言えば、フランスが大戦末期にドイツの爆撃機の目を欺くために構築した「第二のパリ」がある。本物のパリのやや北に位置し、偽の通りや明かりが配され、シャンゼリゼ通り、オペラ座、エトワール凱旋門、パリ北駅などの模造物も一通り備わっていた。この話はパリ市民でも知る者は少ない。第二のパリは1918年の終戦後、すみやかに解体された。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • デコイ使ってる人、ましてや敵でとなるとそうそう居ない。何気に難易度高い -- 2016-11-21 (月) 00:27:10
    • 表記ミスなのかバグなのかは分からないけど、自分のデコイが撃たれれば取れるから狙撃されそうなところに設置しておくといい。 -- 2016-11-21 (月) 01:21:47
      • え⁉︎なんという衝撃…ありがとう、やってみる‼︎ -- 2016-11-21 (月) 21:33:56
      • チーデスやラッシュの激戦区に突っ込みつつデコイ巻いたら一瞬で取れる -- 2016-12-05 (月) 08:53:27
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White