Top > シャール2C

シャール2C
HTML ConvertTime 0.084 sec.

ビークル | 攻撃機 | 爆撃機 |戦闘機 | 重爆撃機 | 戦車 | 重戦車 | 軽戦車 | 自走砲トラック | 突撃戦車 | 強襲トラック | L級駆逐艦 | C級飛行船 | | 地上車両 | ボート | Yライター揚陸艇 | 固定武器 |
巨大兵器 | エアシップL30 | 装甲列車 | ドレッドノート | シャール2C |


概要 Edit

シャール2C.jpg
シャール2C戦車に乗り込み、新たな伝説の巨大兵器を体験せよ。 実在のフランスの超重戦車に基づく陸の王者。戦況を一変させる可能性を秘めている。
92号車こと「ピカルディー」は史実では第二次世界大戦時、マジノ線で待機していたがついに出番はなく、パリが6月10日に無防備都市宣言を発令し放棄されたその日に南部フランスへの脱出を命令された。
8両のシャール2Cのうち、95号車「トゥーレーヌ」は修理が完了していないために同行できず、92号車「ピカルディー」もランドルへの途上、ピエンヌで電気系統が故障したため爆破処分された。
残った6両のシャール2Cはなんとかランドルに辿りつき列車に積載されたが、空爆とドイツ軍の侵攻で穴だらけとなった鉄道網、そして混乱する指揮系統に振り回され、とある理由から1台を除いて結局爆破処分されている。
実はWW2のフランス軍の重戦車 シャールB1の元だったりする

Char2C.png分類ビークル / 巨大兵器
英字Char 2C
搭乗人数5名
出現マップSOISSONSRUPTURE
座席兵装弾数装填
時間
補充
時間
備考
1操縦.png座席.png75mm榴弾砲(高速)1/∞
2機銃.png機関砲(榴弾)/
3機銃.png重機関銃/
4機銃.png重機関銃/
5機銃.png重機関銃/
ビジュアル解説
デフォルト

特徴、アドバイス、補足 Edit

DLC、”They Shall Not Pass”で追加された巨大兵器。
一発で重戦車の耐久値を半分以上削り取る強力な対戦車能力。軽戦車のような回転砲塔。重戦車を遙かに超える防御力・対歩兵能力。ドレッドノート、装甲列車には無い「マップ内を自由に移動できる」能力を備えており、非常にポテンシャルの高い巨大戦車である。
強力な主砲により対地上ビークルではまさに王者の如き圧倒的な能力を誇る。


1番席(操縦者)が主砲操作&運転 2番席が後方機関砲席 3,4,5番席が砲塔を取り囲むように配置された重機関銃席となっており、全方向に対して隙が少ない。
しかし通常ビークルと同様、機関銃席は相当慣れた者でなければ移動中の狙いが安定しないため、野良ではあまり期待しない方が良い。
主砲は強力ではあるが歩兵を相手にすると手数が足りず、チマチマ歩兵を倒している間に砲弾が四方八方から飛んでくる。一番席は敵地上ビークル狩りに集中し、歩兵の相手は周辺の随伴歩兵に任せる方がいいだろう。


欠点として「巨大さ」「スタックの危険」「機動性のなさ」が挙げられる。
巨大であるということは即ち「でかい的」ということであり、歩兵だけでなく爆撃機などの航空機にとっても狙いやすい的となり、油断すると簡単に爆殺されてしまう。2番席以下は対空戦闘にも意識を振り向けなければならない。
また巨大故に各武装の俯角が小さく、歩兵に貼り付かれるとロードキル以外の対抗策がない。張り付かれていると感じたら試しに旋回してみよう。ロードキルがとれるかもしれない。
スタックの危険は通常ビークルにも当てはまることだが、本車の場合巨大であることがあいまって、他のビークルではスタックしようのない大きな窪地や小ピーク、比較的長い塹壕でスタックすることが往々にしてある。できるだけ起伏を避けて行動したい。
機動性のなさは本車の大きなネック。本車は自由に動けるためついつい拠点占領のために各拠点を転々としがちになるが、その機動性のなさにより、「次の拠点へ移動している間にさっきまでいた拠点が奪われている」という事態を招きやすい。
そのため拠点占領よりも、敵の進撃を止める役割を果たすように立ち回ることが求められる。*1


言うまでもないが自軍本拠地で芋るのはやめましょう。

弱点部位 Edit

戦車としての宿命か、履帯付近に攻撃が集中すると履帯が切れ行動不能になる。
またエンジン破壊も可能となっており、2番砲塔と主砲塔の間に存在する。爆撃機などでピンポイント爆撃を試みるが吉。
1,2席の主砲と機関砲(榴弾)は破壊可能 3,4は履帯に埋め込まれてるため破壊困難だが一応潰せる

攻撃によりダメージがより多く入る箇所です。

ゲーム内映像 Edit

兵器紹介 Edit

 兵器紹介(クリックで展開)

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • コイツは13人乗れて内5人が運転担当だったらしい。 -- 2017-11-06 (月) 19:58:29
    • エンジン3人計器1人操縦1人とかかな -- 2017-11-28 (火) 18:48:33
  • 戦車の装甲バグで一時期どの角度から対戦車ロケットぶち込んでも弾かれてたけど、こいつの主砲だけは弾かれてるのに50ダメージ与えててフイタ -- 2018-01-13 (土) 18:25:43
  • この前soissonsにてこれが出てきたが、運転席を選んだ奴がふざけて一切操作をしないかそれともト〇レなのか(だとしたら相当長い・・)不明だが全く動かないところを目撃「ゴーゴーゴー!」を連呼されたり、仲間の兵士が腹いせに格闘だったり撃ったりで群がっても動かない所を見てもはや吹くしかなかった、当然だがそのラウンドは負けた。 -- 2018-01-24 (水) 08:10:13
    • 巨大兵器出てる時点でほとんど勝ち目ないし…いいんじゃない?(適当) -- 2018-02-08 (木) 23:29:56
      • soissonsは巨大兵器降臨で勝てる確率他のマップに比べてかなり高いんだぜ -- 2018-02-09 (金) 16:49:45
      • 有能が運転席乗ればA拠点で山の如く動かずに逆転することもままある -- 2018-02-16 (金) 10:02:32
      • A拠点に無理に突っ込もうとして辿り着く頃には8割近く削られてそのまま爆散って事ばっかりで結局他のベヒモス並に逆転出来てるイメージは無いわ 数回は成功例見たことあるけどDLC前環境の装甲列車でもそういう例同じ位にはあったし・・・ -- 2018-03-23 (金) 08:17:09
  • 後に建造されたポケット戦艦が「政治によって作られた軍艦」とか言われたけど、兵器紹介見てるとこっちのほうが「政治によって作られた戦車」だよな -- 2018-02-18 (日) 08:51:38
    • ポケット戦艦は通商破壊に役立ったので、アルティメット置物シャール2Cくんも見習ってほしい -- 2018-02-18 (日) 09:09:14
  • これガルパンに出たら面白そう -- 2018-03-24 (土) 18:03:27
  • これガルパンに出たら面白そう -- 2018-03-24 (土) 18:03:28
    • ごめん。間違えて重複してしまった -- 2018-03-24 (土) 18:21:26
  • 巨大兵器の中で一番使い方次第で逆転しやすいから正直普段ろくにビークル乗らないような人は乗んないでほしいわ。目先の歩兵追っかけてソワソンBとかの狭いとこでもたもたされたりするともどかしい -- 2018-04-01 (日) 21:45:59
    • 下手くそが乗ると最悪の棺桶になるな -- 2018-04-24 (火) 21:31:56
    • まあ私はビークル初心者でも乗るんですけどね、名人さん。 -- 2018-07-16 (月) 08:09:25
      • むしろ試合中一回しか乗れなくて特にこいつは逆転できる可能性がそこそこあるのにわざわざセオリーもわからん乗り物の運転席乗る度胸はすごいなと思う まあ勝つ気がなくて自分がポイント稼げればそれでいいってだけなのかもしれんが -- 2018-07-22 (日) 16:39:29
  • これ乗った時とか、席移った時とかなんか縦線がぐるぐるしてるけどあれ、視界の良い弾丸避けだよね? -- 2018-04-24 (火) 16:56:00
    • そうだよ。ストロボスコープってやつ -- 2018-04-24 (火) 18:34:45
  • 迫力あるけどよく考えたら珍兵器なのかこれ -- 2018-06-08 (金) 17:52:49
  • 開幕両陣営ドレノが許されるなら両陣営こいつ+戦車枠複数のマップも欲しかった -- 2018-06-30 (土) 07:45:04
    • 本格的な戦車戦は次作の楽しみにとっとけ -- 2018-07-17 (火) 10:55:12
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 こっそり教えておくと、SOISSONSで敵本拠地すぐ側に居座り、敵ビークルをリスキルし続けることでほぼ完全に敵の進撃を止めることができる。全ての拠点が各軍本拠地からほぼ等距離にあり、ビークルが本拠地からしか出現しないSOISSONSだからこそなせる技
*2 これだけの重量物を動かすための実用可能な変速機が開発できず、電気モーターの回転数を変える方式しかなかったのだ