Top > ドレッドノート

ドレッドノート
HTML ConvertTime 0.061 sec.

ビークル | 攻撃機 | 爆撃機 |戦闘機 | 戦車 | 重戦車 | 突撃戦車 | 軽戦車 | 自走砲トラック | | 地上車両 | ボート | 固定武器 | 巨大兵器 |


概要 Edit

ドレッドノート.png分類ビークル / 巨大兵器(戦艦)
英字Dreadnought
搭乗人数4名
出現マップEMPIRE’S EDGEFAO FORTRESS
座席兵装弾数装填
時間
補充
時間
備考
1操縦.png343mm艦砲/運転、兼砲撃(ミニマップから射程内の地点を任意に砲撃)
2番席の後部砲塔の斜角を考えて船の操縦することが大事
2機銃.png343mm艦砲/砲撃支援
3機銃.png対空砲/敵航空機・魚雷艇の破壊
4機銃.png対空砲/敵航空機・魚雷艇の破壊
ビジュアル解説
デフォルト現在の戦線における標準カラーリング。
ダズル迷彩デラックス版及びUltimate Editionに付属

特徴、アドバイス、補足 Edit

海があるマップで出現するドレッドノート(以下戦艦)。
4人乗りであり、上記の通り座席によって使用できる武装が違う。

1番席 Edit

1番席は操舵以外にも強力な主砲を撃てるが装甲列車と同じく考えて運用する必要がある。

まず戦艦が出現する現時点でのマップには海に面して野砲要塞砲が多数設置されている。
故に海岸に近づきすぎるとこれらの固定武器などから集中砲撃を食らう羽目になるし、戦艦は見た目と反し耐久力が割と低いので速攻で撃沈されかねない。

次に2番席の後部主砲には限界角度があり、戦艦の角度関係なくほぼ全域に撃てるというわけではない。(撃てる範囲はパッ○マンのような形になる)
戦艦の位置取りが悪いと敵が占領しているエリアは愚かマップ半分にさえ攻撃が届かない=戦艦の攻撃力の半減につながってしまう。
故に2番席の攻撃角度を意識して位置取りすると(マップに対して水平に舵を取るといい)戦艦の能力を十分発揮出来るだろう。

3・4番席 Edit

3・4番席は対空砲なので航空ビークルが相手になると思われるかもしれないが、実際にはソレ以上に相手をしなければならない奴がいる。
それは敵の魚雷艇だ。魚雷の威力は大きいし、割と早く次の装填も完了してしまうので、先程も述べたが戦艦は見た目と反し耐久力が割と低いので魚雷で撃沈されかねない。
主砲でも攻撃は可能だが、接近されすぎると攻撃が届きにくい、攻撃後のリロードや対地攻撃を考慮すると対空砲が処理するほうがいいだろう。
幸い、3・4番席は対空砲は艦体を貫通して砲撃することが可能であり、敵の魚雷艇が死角にいてもダメージを与えることは十分可能なので撃退は容易。
霧などで見えない時は適当に撃ってヒットマークから位置を探るのが手。
ただし、射程距離があるので要注意。陸に撃っている対空砲もいるが大抵の攻撃は届いていない。

その他 Edit

降りると海に投げ出されるのではなく、全体マップを見た出撃画面に戻る。
この時はデス数にカウントされないので沈む直前などに降りてしまっても問題ない。

弱点部位 Edit

攻撃によりダメージがより多く入る箇所です。

ターレットは破壊可能。無傷の船体側面を魚雷で攻撃すると対部位ダメージが入るため、既に破壊されている箇所よりはこちらを狙った方が効果的。
弱点部位が二ヶ所あり(恐らくこれが見た目に反して耐久力が低い原因)、一つは艦橋の根元辺り、そしてもう一つは船尾。特に船尾は天敵の魚雷艇にとって格好の的とも言える場所であり、そこへ如何にして近付けないように出来るかは対空砲座に乗っているプレイヤーの腕に掛かっている。無論此方も魚雷艇を出したり航空機からの爆撃で排除するのも一手。

ゲーム内映像 Edit

兵器紹介 Edit

その名の通り、ミリタリーに興味のある人間であれば誰でも知っているであろう戦艦、ドレッドノート…
と言いたいところだが、ゲームに登場するのはドレッドノートではなく、その後に建造された超弩級(スーパー・ドレッドノート)戦艦であるアイアン・デューク級戦艦である。
ちなみに金剛型戦艦のタイプシップ(戦艦エリン)のタイプシップがアイアン・デューク級戦艦である。親戚みたいなもの。
ドレッドノートとは「恐れを知らない」といった意味の単語であったが、戦艦ドレッドノートの登場によって「大型」といった意味も持つようになった。


これ以前の戦艦は主砲と副砲だけでなく中間砲というものを搭載していた。主砲は場所を取るせいで2基程度しか搭載できなかったので、主に副砲や中間砲で敵艦へ攻撃していた。
いわゆる戦列艦と言われる物が発達したものである。これらは手数こそ多いものの砲の威力は低かった、
しかし、本艦は逆に「副砲や中間砲を取っ払い、その分沢山主砲を乗せる」というコンセプトで設計された。
更に、砲がそれぞれ好き勝手に目標を攻撃していたものを、砲口径を統一して同じデータで同じ目標を攻撃するという運用方法へ変更したのだ。
これにより、他国の戦艦を圧倒的に凌ぐほどの長射程と命中精度を誇ることとなり、更に新型の機関により速力でも勝るものとなった。


この革新的な艦は他の戦艦を全て過去のものへと変えてしまい、中には完成すらしていないのに旧式と化してしまった艦もあった。
しかしそれで終わらないのが英国。当時世界最強とされていた英国海軍(つまり自分たち)の主力艦まで全て旧式にしてしまった。
なんやかんやで他国への優位性を失ったわけではなかったが、あまりにもダイナミックなブーメランであった。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 左舷!、(対空砲の)弾幕薄いよ!何やってんの!? -- 2017-06-01 (木) 13:45:26
  • これ乗ってる時に霧出ると信じらんないくらい萎えるわ -- 2017-06-04 (日) 08:12:19
    • 降りたら良いじゃん、誰も乗ってくれなんて言ってないよ -- 2017-06-04 (日) 08:17:55
      • じゃあ降りろとか頭悪すぎて笑える -- 2017-06-23 (金) 14:08:15 New
    • 機銃ならともかく主砲にそんな関係ある? 基本レーダーだよりでしょ -- 2017-06-04 (日) 11:33:40
  • これの使い方って敵が拠点とってるときの阻止、味方の援護って感じで使えばいいんだね -- 2017-06-06 (火) 20:15:52
    • それより戦車とかの車両の破壊が重要だな。敵車両全滅させれば後は勝手に味方戦車が敵蹂躙して占領してくれる。後、防衛戦築いてるとこに撃ち込んで崩壊させるとか。 -- 2017-06-19 (月) 22:12:36
  • こいつもエアシップと同じく上に乗れんのね。さっきファオで分隊員のアイコンがこれの甲板上にあったから「ん?」と思ってスポーンしてみたら上で対戦車グレなりリムペットなりでやりたい放題してた(勿論自分もダイナマイトのお裾分け)。対空砲はどこから攻撃されてんのとばかりにグルグルとパニック状態。挙げ句の果てにそのまま撃沈まで追い込み燃え盛る船上から一斉に海へダイブ、爆発シーンを眺めた後そのまま要塞まで遠泳した。中々ドラマチックだった -- 2017-06-06 (火) 22:45:22
    • 羨まC -- 2017-06-16 (金) 10:40:46
    • 退かない男さん何やってんすか -- 2017-06-20 (火) 07:12:55
  • 重機関銃席+2席とBF4の船みたくボート乗れる席欲しい -- 2017-06-19 (月) 21:27:58
  • Bで戦ってる時やDで睨み合ってるときはガチの脅威 なお一番席がアレだと -- 2017-06-20 (火) 04:35:04
    • いや問題は届かない地表を狙う機銃だと思う -- 2017-06-20 (火) 07:25:23
  • ドレッドノート乗って護衛砲で陸ばっか撃って攻撃しに来てる戦艦や飛行機攻撃しない奴多すぎだろ。撃たれてなお戦艦スポットしてるのにガン無視wですぐ沈むw -- 2017-06-21 (水) 02:17:43 New
    • 戦艦は攻撃して来ねーよ -- 2017-06-22 (木) 23:46:18 New
      • ただの魚雷艇のことを戦艦といってるんだろう、とはいえさすがに戦艦と魚雷艇の違いくらいはわかってて欲しいけどね -- 2017-06-23 (金) 12:09:06 New
      • 艦隊決戦はよ -- 2017-06-23 (金) 15:41:08 New
  • 一番席乗って全く移動しない奴が多すぎる。なぜかそういう奴に限って乗り込むのが早いからタチが悪い -- 2017-06-23 (金) 17:30:28 New
  • こいつの34席(対空砲)は飛行船の機関砲同様狙撃可能 -- 2017-06-24 (土) 01:34:36 New
    • まぁ出来ないこともないけどそれよりももっとやるべき仕事はあるよねって思う -- 2017-06-24 (土) 02:45:32 New
  • これまで戦艦に位置を教えるだけだった二番席に最優先目標ができるって意味では、これ以上にやることはないと思うけど。逆に捉えていない? -- 2017-06-24 (土) 07:15:15 New
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。