Top > General Liu Rifle

General Liu Rifle
HTML ConvertTime 0.080 sec.

image.png
中国初のセミオートライフルは劉慶恩将軍により生み出された。しかし大量生産が可能になる前に将軍が脳卒中に倒れ、計画は暗雲に包まれることになった。

分類看護兵 / 自動式ライフル
製造国中華民国.png 中華民国
設計 / 製造劉慶恩/漢陽兵器工廠
使用弾薬7.92×57mm Mauser
銃剣突撃可能
プリセット初期仕様突撃歩兵
解除条件説明文参照説明文参照
装弾数6/666/66
射撃モードmode1.pngmode1.png
ダメージ(最大-最小)40-3540-35
ダメージ
(減衰開始-減衰終了距離)
40-8040-80
ダメージ(イメージ)初期仕様ダメージドロップ.png突撃歩兵ダメージドロップ.png
連射速度299rpm299rpm
弾速800m/s800m/s
重力落下12m/s212m/s2
反動左0.5/上1.3/右0.5
初弾反動倍率1倍/(減少速度5.25/s)
左0.3/上0.78/右0.3
初弾反動倍率1倍/(減少速度3/s)
拡散ADS静止:0.15/移動:1.05静止:0.15/移動:1.05
腰だめ静止:立2.5 屈2 伏1.5
移動:立3 屈2.5 伏2
静止:立2.5 屈2 伏1.5
移動:立3 屈2.5 伏2
最大拡散値ADS静止:1.2/移動:1.2静止:1.2/移動:1.2
腰だめ静止:立3.5 屈3 伏2.5
移動:立4 屈3.5 伏3
静止:立3.5 屈3 伏2.5
移動:立4 屈3.5 伏3
拡散連射増加数
(減少速度)
ADS0.1 初弾拡散倍率1倍 (6/s)0.1 初弾拡散倍率1倍 (3/s)
腰だめ0.1 初弾拡散倍率1倍 (6/s)0.1 初弾拡散倍率1倍 (3/s)
リロード時間(クリップ装填)1発:0.7s(6発:1.76s)1発:0.7s(6発:1.76s)
持ち替え時間0.7s0.7s

特徴、アドバイス、補足 Edit

全般
DLCIn the Name of the Tsarで実装された、中近~中遠距離向けセミオートライフル。
高めの発射レートと全距離3発の高威力を持つ一方、装弾数は6発と少なめ。Selbstlader 1906に似た性能。
あちらは装弾数5発だが、こちらは装弾数6発と1発多い。この利点は大きく、相手の胴体を狙う場合こちらは2人まで対応できる。
その代わり反動と精度で劣っており、セミオートライフル全体で見れば精度は並。反動は縦反動・横反動共に高め。
Selbstlader 1906の装弾数を増やした代わりに中遠~遠距離性能を落としたという表現が適当だろう。
リロードはクリップ装填なのだが、同様のリロード方式を持つ看護兵武器のなかで最も時間がかかるという欠点がある。
反動の大きさに少なめの装弾数も合わさり、しっかりと相手を狙えるエイム力が必要。
前述のSelbstlader 1906と、同じく装弾数5発であるAutoloading 8.35に対し、1発増えた事による恩恵と代償をどう捉えるかでこの銃の評価は変わってくるだろう。
初期仕様(Factory)
精度回復速度に優れているため、ゆっくり撃ったときに命中しやすい。中遠距離向け。
外した時のリカバリーを気にする人はこちらを選ぶといい。
 解除条件
突撃歩兵(Storm)
初期仕様と比べて反動が小さい。近~中近距離向け。
中近距離までなら一気に3発命中させやすく、あっという間に撃破できるのが強み。
同じ突撃歩兵モデルのセミオートライフルにはMondragon(突撃歩兵)がある。
比較するとこちらの方が発射レートで勝るため瞬間火力に優れるが、反動が若干大きく、装弾数が少ない。
 解除条件


主に個別の適応について記載されています。軽微な情報は省いてます。また全体の変更により仕様が変わっている場合がありますのでパッチ情報で確認して下さい。




  • IRON SIGHTS
    General Liu Rifle.jpg

ゲーム内映像 Edit

銃器紹介 Edit

GLRreal.jpg
ジェネラル・リュウ小銃(General Liu rifle)。ちゃんと訳すと劉将軍小銃。中国語だと劉將軍的半自動步槍といったところだろうか。
中国で初めて設計された半自動小銃である。
アメリカのプラット・アンド・ホイットニー社(Pratt & Whitney、以下P&W社)*1の協力の下、劉慶恩将軍の設計・主導によって漢陽兵器工廠*2で1914年ごろに開発された。
ボルトアクションとセミオートの切り替え機能を持ち、また半自動機構に現在は見られないガストラップ方式*3を用いるのが特徴。


本銃の開発は結局のところ二丁の試作品ができあがったにとどまるのだが、その原因は「そもそも銃を作るための工作機械がなかった」ことに尽きる。
元々漢陽兵器工廠は碌な工作機械を持っていなかったため、劉将軍はまず工作機械の購入から始めなければならなかった。
そこで白羽の矢が立ったのがP&W社であり、劉将軍は1914年4月には契約締結にこぎ着け、2年後に納入することが決定した。ここは順調。
劉将軍はその年の11月に漢陽入りしまだ使えそうな工作機械への習熟を進め、1916年には二丁の試作品が完成、トライアルを行った。
その結果判明したのが「今の中国の工業力では半自動小銃用のバネを作れない」ということ。
これは試作品の一丁に中国で手作業で作ったバネを用い、もう一丁はP&W社提供のバネを用いたところ、中国製バネのほうが射撃に耐えきれなかったことで明らかとなった。
とはいえそのようなことは劉将軍の想定の範囲内。ちゃんと事前に工作機械を発注しているのだ。工作機械が届けばすぐにでも中国初の半自動小銃を生産できる。全く問題ない。ここまでも順調。


しかしその後は踏んだり蹴ったりだった。肝心の工作機械が届かないのである。
劉将軍とP&W社が契約にこぎ着けてから2ヶ月後、第一次世界大戦が勃発する。
アメリカが参戦したのは1918年であるが、アメリカ陸軍・州兵はそれ以前から戦時体制を構築しており、P&W社はそちらの対応に忙殺されていたのだ。
遅れに遅れて1919年に工作機械が届くこととなったのだが、不運なことに劉将軍が貨物船に同乗したところ、貨物船が沈没。劉将軍は沈没事故の後遺症で半身不随になってしまう。
更に1919年に上海に届いた工作機械は1921年まで倉庫の肥やしとなり、その間に劉将軍が死亡してしまった。
最終的にこの銃は十数挺製造されたと思われ、少なくとも10挺は現存しているようだ。


ちなみに倉庫の肥やしになっていた工作機械は鞏県兵器工廠*4に運ばれた。
鞏県兵器工廠はマウザー1907(Gewehr 98のモデルの一つ)のコピーモデルや、マウザー社協力の下設計された中正式歩槍(Chiang Kai-shek rifle)の生産を行い、やがては中国一の兵器工廠として名をとどろかせることになった。
漢陽ェ・・・。

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 弾数はキツイけどそれ以外は悪くない気がする。Autoloadingで焦って連射しちゃう癖が治る。 -- 2018-01-12 (金) 19:07:34
  • まず倍率は1.5倍までにすることと30m~50mでの交戦を心がければそれほど酷くはないし突撃よりも初期の方が当たる。ただし打ち切らずにリロードするとメッッッッッチャ遅いことを除けばな。 -- 2018-01-13 (土) 00:52:20
    • その距離で戦うの前提ならRSCの方が明らかに強いからなぁ・・・ -- 2018-01-13 (土) 20:04:30
      • ゼルプ1906とほぼ同じ感覚で扱えて弾が多くて最後の跳ね上がりがない、リロードも言うほど遅くない。個人的な感想でしかないから数値上ここが全然違うとか言われても反論出来ないが。 -- 2018-01-14 (日) 00:42:21
      • 俺も個人的な感想でいいなら、1906とはだいぶ性能が違って同じ感覚じゃ使えない、あっちは離れてても心置きなく連射できるけどこっちはそれしたら当たらない、リロもかなり遅く感じてキツいわ。あとエイム力あって適正距離前提ならRSCの方が継戦能力もTTKも上だからこいつじゃ勝てないと思う -- 2018-01-14 (日) 03:42:02
  • 使ってる人みたことない -- 2018-01-19 (金) 18:47:06
  • この間解除したらなかなか使える。だけどこれ使うぐらいなら他の小銃がいいな -- 2018-01-21 (日) 18:30:14
  • 1906をめっちゃ使い込んでればある程度はkillできる武器だよ
    ただ問題は1906にあらゆる点で劣ってるのがキツイ。一番ヤバいのが精度で1906に慣れてるほど遠距離ではキルできない。 -- 2018-01-24 (水) 21:37:30
    • だよなぁ1906より1発多いという点からできた代償がでかすぎる、だから使う人いないんだよ。リロード早くするか、精度改善、まぁ、連射時拡散値低くするかがいいと思うんだよなぁ。 -- 2018-01-26 (金) 12:33:58
  • 最近星10にしたわ、(白目)一応感想としては、中距離ではかなり戦える。精度が本当に高くないから遠距離はタップうちでやれる。銃声も最高だし、フォルムもカッコいいから、使って見てもいいかもしれないけど所詮はロマン武器だな -- 2018-02-05 (月) 21:51:27
    • アンタ凄いよ いい意味で変態だよ -- 2018-02-07 (水) 10:44:19
    • 木主だが、精度がパッチで強化されたからかなり距離手が届いて戦いやすくなっている・・・けど他のライフルも相対的に強化されているからまた埋もれるな、だが、今星23だから頑張って100目指すわ、この銃に調教されてもう他のライフルに戻れない -- 2018-02-09 (金) 02:40:42
      • …ちなみにどっちの仕様です? -- 2018-02-10 (土) 01:23:19
      • やっぱ僕は王道を行く初期仕様だな -- 2018-02-10 (土) 03:56:52
  • 例の髭のイギリス人のおじさんの珍しい銃紹介動画のラインナップにこの銃もあったけど、たった2丁しか作られなかったうちの1丁(片方はスウェーデンの博物館にあるらしいから実質世界に1丁だけの銃)すら持ってるとか何者なんだあの人は… -- 2018-02-14 (水) 00:57:38
  • 評判とは裏腹にかなり使えるじゃん、でもなぁ. ・・・(反動でかい、リロード遅い、精度チョッピリ悪い) -- 2018-02-18 (日) 04:32:19
  • 1クリップでガシガシと2キルしてガチャッとリロードできると気持ちいい、パッチで前よりも長い距離こなせるようになったし銃声もチャージングハンドルの操作音も聞きごたえ抜群で使ってて最高 -- 2018-02-28 (水) 03:34:40
    • 同志よ、頑張って星100にするんやで(威圧) -- 2018-02-28 (水) 13:00:22
      • モストメインウェポンに出る程度にはおう、考えてやるよ -- 2018-03-01 (木) 03:40:02
  • チェイリゴとモンドラゴンと大トロを足して3で割ったような武器。タイマンに限れば看護兵の武器の中でもかなり優秀な部類だと思う。撃ちきりリロードだけしてればそこまでリロード時間に悩まやされることはないが、継続戦闘力はやはり低いのでサブは汎用性高い自動拳銃がいい。M1911とかかなり合うよ。 -- 2018-03-15 (木) 00:15:51
    • まぁ、ぶっちゃけた話、1906でいい -- 2018-03-15 (木) 00:19:39
  • 使えない言われる初期仕様だけど1906より精度回復が段違いで早くて個人的には使いやすいし差別化もできてると思う。むしろ突撃のが1906の劣化じみた性能してる -- 2018-03-15 (木) 07:07:57
  • 愛銃だから職場にいる劉さんっていう中国人の同僚を劉将軍って読んだら本人は首かしげてた -- 2018-03-16 (金) 00:37:58
    • そらBF1やってない人類がこの銃のことを知り得る確率が低すぎるしなぁ…実際に出回ってたならともかく大量生産前に闇に消えてるわけですし… -- 2018-03-16 (金) 09:50:42
      • 人類でワロタ。BF1やってる人類が選ばれ師新人類みたいな -- 2018-03-16 (金) 11:44:13
      • 俺たちは新人類だった・・・? -- 2018-03-16 (金) 23:56:30
  • 中近距離のタイマンにおいてはめちゃめちゃ優秀。1906と違って精度回復早いから使いやすい。ただ、反動に慣れることとAIMは必要。 -- 2018-03-17 (土) 14:53:58
  • 精度回復早いって言っても、ほぼ無反動レベルの1906の方が段違いで当てやすくない?そもそも1906の精度面で不満に思ったことないしなぁ -- 2018-03-27 (Tue) 18:57:14
    • 中距離までならその通りなんだけど遠距離になると割と精度回復速度の差が出るんよ、反動もどのみち精度回復待たなきゃ確実に当てられないからそこまで重要じゃないし -- 2018-03-27 (火) 19:21:45
      • マジかそういう遠距離はもうバイポ立てちゃうから気にしたことなかったな アイアンでそういう距離狙える自信もないなぁ -- 2018-03-27 (Tue) 20:03:20
  • 刘将軍に伝えたい。「あんたの銃は100年後、ゲームで登場する」と。産廃だが -- 2018-03-30 (金) 18:26:30
  • 3か月間プレイしていてこいつにキルされた記憶が一度も無いんで、この際俺が使う事にした。 -- 2018-04-07 (土) 17:14:59
    • 性能はさておいて、見た目とスキンは好みなんだけどサイト類が付かないバリアントしか無いのがなぁ…。 -- 2018-04-07 (土) 17:30:21
  • 評価が悪いのが信じられないからな俺にピタッとハマった一丁。こいつを敵の至近距離でぶっ放してモーゼルでフォローするのがお気に入り。残弾0になって敵にビビりながらのリロードが最高にハラハラして気持ちがいい -- 2018-04-11 (水) 14:04:38
    • や -- 2018-04-16 (月) 15:39:50
  • この武器ボルトとセミの切り替えできるようになるだと・・・?ダメージモデルも変わってるみたいだがどうなることやら -- 2018-04-20 (金) 22:08:55
    • 多分看護兵版95orカルカノみたいになると思われ -- 2018-04-27 (金) 02:39:02
  • 2挺しか製造されなかったってことはなくて、10挺ほどは現存しているらしいので本文を書き換えてみました。(参考URL) -- 2018-04-26 (木) 23:44:04
  • リアルで手動と自動を切り替えできるメリットがわからん。狙撃するときは手動で精度を高めるとかかな? -- 2018-05-07 (月) 21:35:42
    • フルオートとセミオートという意味では銃器界におけるアサルトライフルの重要性に帰結するな。ボルトアクションモードの切り替えという意味では、M1903のスレの試作の元ネタ「ピダーセン・デバイス」についてのコメントに、回答と考えられるコメントがある。『平均的な小銃手の火力を向上させようという研究の中で、別の拳銃やカービン銃ではなく「歩兵銃の部品」という形で配備することで、従来の長射程射撃能力を保ちつつも中近距離戦闘能力を付与しようというアイデアが生まれた』。サブマシンガンの掃射力とライフルの狙撃力の両立という観点では、結局アサルトライフルが採用されたというわけだろう -- 2018-05-07 (月) 22:19:26
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 現在は航空機用エンジンメーカーとして有名
*2 かつて現在の武漢に存在した兵器工廠。二次大戦終結後の1947年1月1日に閉鎖
*3 初期のM1ガーランドにも用いられており、それなりに利点はあるが欠点も多い方式
*4 現在の鞏義市にかつて存在、1950年閉鎖