Top > M1917 Trench Carbine

M1917 Trench Carbine の変更点

//&attachref(./.png,nolink,30%);
第一次世界大戦後期に塹壕強襲用に生み出されたセミオート・カービン銃。脱着式の大型マガジンを備えている。

|BGCOLOR(#555):COLOR(White):200|489|c
|BGCOLOR(#fc2):COLOR(Black):分類|''[[突撃兵]] / サブマシンガン''|
|製造国|&ref(画像置場/ドイツ帝国.png,nolink); ドイツ帝国|
|設計 / 製造||
|使用弾薬|7.63x25mm Mauser|
|銃剣突撃|不可|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):141|BGCOLOR(#555):COLOR(White):50|>|>|240|c
|>|BGCOLOR(#fc2):COLOR(Black):プリセット|BGCOLOR(#aaa):''初期仕様''|BGCOLOR(#aaa):''パトロール''|BGCOLOR(#aaa):|
|>|解除条件|[[説明文参照>M1917 Trench Carbine#tips]]|初期解除||
|>|装弾数|40+1/82|40+1/82||
|>|射撃モード|&ref(画像置場/mode1.png,nolink);|&ref(画像置場/mode1.png,nolink);||
|>|ダメージ(最大-最小)|34.73-15|34.73-15||
|>|ダメージ&br;(減衰開始-減衰終了距離)|11-33|11-33||
|>|ダメージ(イメージ)|BGCOLOR(#222):&attachref(./.png,nolink,75%);|||
|>|連射速度|359rpm|359rpm||
|>|弾速|460m/s|460m/s||
|>|重力落下|12m/s2|12m/s2||
|>|反動|左0.12/上0.36/右0.12&br;初弾反動倍率1倍 (減少速度5/s)|左0.12/上0.36/右0.12&br;初弾反動倍率1倍 (減少速度5/s)||
|拡散|ADS|静止:0.21/移動:0.79|&color(green){静止:0.14};/移動:0.79||
|~|腰だめ|&color(green){静止:立0.667 屈0.667 伏0.667&br;移動:立1.001 屈0.667 伏0.667};|静止:立1 屈1 伏1&br;移動:立1.5 屈1 伏1||
|最大拡散値|ADS|静止:1.2/移動:1.2|静止:1.2/移動:1.2||
|~|腰だめ|静止:立2 屈2 伏2&br;移動:立2.5 屈2 伏2|静止:立2 屈2 伏2&br;移動:立2.5 屈2 伏2||
|拡散連射増加数&br;(減少速度)|ADS|0.07 初弾拡散倍率1倍 (2.1/s)|&color(green){0.044}; 初弾拡散倍率1倍 &color(green){(2.625/s)};||
|~|腰だめ|0.07 初弾拡散倍率1倍 (2.1/s)|0.07 初弾拡散倍率1倍 (2.1/s)||
|>|リロード時間(空時)|2.1s(3.5s)|2.1s(3.5s)||
|>|持ち替え時間|0.7s|0.7s||
#include(銃器補足事項,notitle)


*特徴、アドバイス、補足 [#tips]
[[Turning Tides]]で実装された''突撃兵用の''ピストルカービン。
高精度、低反動、多い装弾数が何よりの長所となっており、全距離で安定した性能を発揮するオンリーワンの性能を持つ。
#br
距離が離れていても、その高い精度と低反動を武器に敵に命中させるのは容易。さらに腰だめ精度も優秀なため近距離でも当てやすい。
突撃兵でありながら近距離だけでなく中距離も戦えることは大きな利点と言えそうだが、所詮はピストルカービン。
他兵科の得意距離や、同じ突撃兵でもサブマシンガンやショットガンと近距離で正面からやり合える性能は持っていない。立ち回りが鍵となる。
もしどうしても正面からやり合いたいのであれば「味方の支援が受けられるか」「敵の体力はいくらか」等を見定めなければならない。
発射方式はセミオート(単発)限定のため、長所を活かすには相応の連打力が必要となる。
#br
:初期仕様(Factory)|
初期仕様の例に漏れず、反動及び精度回復速度に優れたモデル。
ADS時だけでなく腰撃ち性能も使い手の連射速度次第だがそこそこ良好であり、前線に切り込んでいくならこちら。
#region(&color(Maroon){''解除条件''};)
--DLC、[[Turning Tides]]を所持
--[[サブウェポン>兵科共通/サブウェポン]]で15キル達成
--マルチキルを5回達成
#endregion
:パトロール(Patrol)|
中倍率のスコープを装備したモデル。
元の低反動に加えて静止時精度の向上とADS時の初弾拡散倍率が軽減され、より中距離向けの性能にされているが減衰距離の短さと最低威力の低さから中距離以遠を狙っても対した打撃を与えられない事が多い。
[[看護兵]]の各種セミオートライフルの感覚で使おうとすればまずダメージレースで遅れを取るので、味方の仕留め損ないを狙って駄目押ししたりバイポッドや固定武器を使う為に足を止めている相手の頭をその低反動・高精度ぶりを生かし連続HSをする等、レートに甘えず一発一発を確実に叩き込む腕が求められる。
#br
----
#include(パッチ注釈,notitle)

-2018年1月30日パッチ
--縦反動が0.3から0.36に増加。
--最大ダメージの増加。これにより12m以内のキルに必要な弾数が1発減った。
--腰だめ時の初段拡散倍率が0.167から1に増加。
--屈みながら移動した時の腰だめ精度を修正。
-2018年5月7日パッチ
-2018年5月7日
--パトロールモデルの実装(解除任務無し)
#br
----

-&color(Maroon){''IRON SIGHTS''};
&attachref(./M1917TrenchCarbineアイアンサイト.jpg,nolink,40%);
*ゲーム内映像 [#image]
//#htmlinsert(youtube,id=)

*銃器紹介 [#introduction]
&attachref(./M1917 trench carbine.png,nolink,40%);
マウザーM1917トレンチカービン(Mauser M1917 Trench Carbine)
第一次世界大戦末期の1918年、小型軽量な自衛用火器、つまりは現代で言うPDWの役割を果たす銃器としてドイツ軍向けに開発されたピストルカービン。
DWM社が開発した[[P08 Artillerie]]との競作で作られた銃であり、設計は単に[[C96 Carbine]]を40発装填の脱着式マガジン仕様にしたものとなっている。
#br
「本銃の生産がマウザー社の生産ラインを占めると他のマウザー製銃器の生産が遅れてしまう」とドイツ政府が考えていたことにより、本銃の生産はごく少数にとどまる。
主な配備先は突撃歩兵部隊であった。
#br
現存しているのは4挺。一丁3万~4万ドル(350~456万円)の値がつけられている。
*コメント [#comment]
#pcomment(,reply,20,)